転職ドラフトの登録や利用で会社にバレる? 身バレを防ぐ対処法を解説

この記事では、

 

  • 転職ドラフトに登録すると会社にバレることはない?
  • 今の会社の取引先などの会社にもバレないの?
  • バレずに利用する注意点はあるのか?

 

このようなことを考えているあなたにおすすめです。

 

転職ドラフト バレる

 

転職ドラフトに登録した情報が原因になって、勤めている会社に転職活動をしていることがバレるかもという心配はありませんか?

 

会社に内緒にして転職活動を進めたいなら、会社にバレることは是非とも避けたいものですよね。

 

人材不足が問題になっている昨今、企業側はどこも転職サービスに求人を出していてもおかしくありません。

 

転職ドラフトはIT/Webエンジニアのための転職サービスです。

 

あなたの現在勤めている会社や過去に働いていた会社など、いろんな会社が人材が欲しくて利用している可能性があります。

 

転職ドラフトに提出するレジュメには個人情報を載せるし、見られたくない企業に自分の情報を見られたりしたら困りますよね。

 

そこで転職ドラフトは「登録すると会社にバレるのか?」、そして「バレずに利用する方法はあるのか?」について詳しく調べてみました。

 

結論からいうと転職ドラフトに登録しただけでは転職活動はバレません。

 

ただし、注意しておかないとバレる可能性が高くなってしまうこともあります。

 

わかりやすい流れで説明しますので、気になるところを読んでみてください。

 

 

 

転職ドラフトに登録してもバレない仕組み

 

転職ドラフト バレる

 

結論転職ドラフトに登録しても、現在いる会社にあなたのことがバレる可能性はありません。

 

どうしてかというと、サービスの仕組みからバレる心配はありません。

 

それはバレることを防ぐ機能が用意されているからです。

 

「指名禁止企業ワード、指名禁止企業」の設定

転職ドラフト バレる

 

転職ドラフトではあなたの情報を表示させたくない企業に対して「指名禁止企業ワード、指名禁止企業」を設定することが可能です。

 

指名禁止企業に設定することにより、企業側の管理画面であなたのユーザー検索ができなくなります。

 

そのため、あなたが公開しているレジュメ(全体公開情報以外)を見ることができなくなります。

 

だから、会社などにバレる心配はありません。

 

 

■転職ドラフトに登録する時の注意点

転職ドラフト バレる

 

ここでは転職ドラフトを利用する際に会社にばれないようにするための注意点をいくつか紹介します。

 

  • 転職ドラフトで特定の会社を「指名禁止企業ワード、指名禁止企業」に設定する
  • 勤め先が登録している転職サイトに登録しない
  • 転職ドラフトを利用している取引先企業に応募しない

 

これらの各注意点に関して解説していきます。

 

転職ドラフトで特定の会社を「指名禁止企業ワード、指名禁止企業」に設定する

 

先ほど紹介したように、転職ドラフトでは自分の登録情報を会社によって検索できないようにすることができます。

 

これによって、自分が転職活動をしていることを身近な会社から気づかれないようにできますので、「指名禁止企業」に設定は有効に利用しましょう。

 

勤め先の会社や子会社、関連会社、自分の知り合いが多い会社などは「指名禁止企業」に設定しておくとより安全です。

 

知り合いから勤め先に情報が入ってしまうこともありますので十分注意が必要です。

 

勤め先が登録している転職サイトに登録しない

 

勤め先も転職求人サービスを利用して、中途採用の活動をしていることがあります。

 

サービスの提供側はしっかりしていますので、情報管理は問題ないことは多いですが、勤め先の担当者によっては、転職希望者の情報を誤って会社内で話してしまう可能性もあります。

 

そのような可能性もないとはいえないため、勤め先が登録している転職サイトは登録しないことも一つの選択肢になります。

 

転職ドラフトを利用している取引先企業に応募しない

 

勤め先の取引先企業に応募をしないことも、バレる確率を低くするためには重要です。

 

取引先の知人を通じて会社の雰囲気も分かるので、他の企業に比べて親しみがわくかと思います。

 

ですがどこで勤務先にあなたの転職活動の情報が漏れるか分かりません。

 

取引先企業が、うっかりと勤務先に話をしてしまう可能性もゼロではないので、取引先企業への応募は避けておくことが無難です。

 

転職ドラフトのせいじゃなく転職活動が会社にバレる行動

転職ドラフト バレる

転職ドラフトを利用すること以外にも、バレる危険は身近なところにあります。

 

  • 転職活動に使用するメールアドレスを会社のものを使う
  • 日頃の勤務態度が変わる
  • うっかり同僚などに話してしまう

 

転職活動が今いる会社にバレるのはだいたいこの3つのパターンからです。

 

転職活動に使用するメールアドレスは専用にする

転職ドラフト バレる

メールチェックの手間をへらそうと、会社のメールアドレスを転職ドラフトに登録するのは危険です。

 

会社のメールアドレスを使うことは、あなたの会社の中で気がつかれてしまう原因になります。

 

さらにメールを見たらすぐ消すようにしていても、会社のメールサーバーにはあなたが転職サービスやスカウトされた企業とやりとりした内容が全て残っています。

 

もし良い転職先が決まって退社するとなったとき、円満退社の妨げにもなる可能性があります。

 

なので、利用するメールアドレスはプライベートのものを利用して転職活動を進めていきましょう。

 

日頃の勤務態度を変えない

 

転職活動を始めると、当然ですが時間がとられて普段より忙しくなります。

 

良い条件の求人を紹介されたり、また予想外の原因で採用に至らなかったりと、感情的にゆさぶれることも多くなります。

 

身体的、精神的に負担が増えるため、それが日頃の態度にでてしまった結果、転職活動がバレるんです。

 

日頃の態度で転職活動をバレないようにするには、身体的に無理をしない、疲れをためないといったことが大切になります。

 

うっかり同僚などに話してしまう

転職ドラフト バレる

 

転職活動を進めているときには、同僚などに転職活動をしていることを話さないようにしましょう。

 

同僚に悪気がなかっても、転職活動をしているという話を聞けばつい噂話をしてしまうかもしれませんし、上司などに話してしまう可能性もあります。

 

同僚にうっかり話したことで、会社側が転職活動をしていることに気づいてしまうこともあります。

 

まとめ 転職ドラフトで安心して転職活動する方法

転職ドラフト バレる

 

転職活動がバレない方法や注意点をまとめますね。

 

  • 転職ドラフトは「指名禁止企業ワード、指名禁止企業」の設定がある会社にバレる心配はない
  • 勤め先が登録している転職サイトに登録しない
  • 転職ドラフトを利用している取引先企業に応募しない
  • 転職活動に使用するメールアドレスを会社のものを使う
  • 日頃の勤務態度が変わる
  • うっかり同僚などに話してしまう

 

転職バレを恐るなら、あなたの会社が転職ドラフトで求人しているなら登録や利用を避けたほうが安心ではあります。

 

ですが、あまりに恐れていては、なにも行動できなくなってしまいます。

 

今回紹介したころに注意して、バレないようにしっかり気をつけてあなたの今後の人生のほうを優先してくださいね。

 

少しでも安心して転職ドラフトに登録するお手伝いになっていれば幸いです。

 

転職ドラフト バレる